ディトマルシュの不思議な話

とある話をしよう。私は二羽の焼けたニワトリが飛んでいくのを見た。彼らはとても速く飛んでいった。胸を天国へ、背中を地獄へ向けて。そして金床と臼がライン川を飛んで行った。上手に、ゆっくり、そして穏やかに。

カエルが聖霊降臨節に氷の上に座っていて鋤の刃を食べていた。三人の男が野うさぎを捕まえようと松葉杖や竹馬をついて出かけて行った。

一人目は耳が不自由で、二人目は盲目で、三人目は口をきくことができなかった。そして四人目は歩くことができなかった。彼らがどうやってうさぎを捕まえたか知りたいだろうか。まずうさぎが野原をかけていくのを盲目の男が確認し、口のきけない男が足の不自由な男に向かって叫び、足の不自由な男がうさぎの首をつかむのだ。

乾燥した陸地を船で進もうとする男たちがいた。彼らは地上で帆を張り野原を進んでいったのだ。そして山を越え、みじめにも沈没してしまった。

全力で走る野うさぎを一匹のカニが追いかけており、また高い屋根の上には牛が横たわっていた。この国ではハエはヤギと同じくらい大きい。窓を開けよう。嘘が飛んでいけるように。