バラ

かつて二人の子供をかかえた貧しい一人の母親がいた。下の子は薪を得るため毎日森の中へ行かなければならなかった。あるとき下の子が薪を探しに遠くまで出かけると、小さい子供が彼女の元に現れた。

その子供はとても元気でせっせと薪を拾い家まで運ぶのを手伝ってくれた。そしてその不思議な子供はあっという間に消えてしまったのだ。下の子はこのことを母親に話した。しかし母親は最初はそれを信じようとはしなかった。

下の子が今度は家にバラを持ち帰ってきた。彼女は母親に例の子供が自分にこのバラをくれて、その子供は花が咲いたら帰って来ると言っていたことを伝えた。

母親はバラを水につけた。それから下の子が起きてこない朝があった。母親がベッドへ向かうと、なんと彼女は死んでいたのだ。とても安らかな顔で。

その日の朝、バラの花は見事に咲いていたのである。