リンクランクじいさん

むかしむかし、あるところに1人の王女がいる王様がいました。王様はガラスの山を作らせ、この山を転ばずに山の向こう側へ行けた者に娘を妃として迎えさせてやると言いました。王女を愛している1人の男がいました。

男は王様に王女様を自分にくださいと言いました。王様は、「よかろう。あの山を転ばずに超えられれば、娘をそなたに授けよう。」と言いました。

王女はその男と共に行くと言い、もしその男が転びそうになったときは、自分が助けてあげると言いました。そして2人は共に山へと向かい、半分まで山を登ったところで王女は足を滑らせ転んでしまいました。

するとガラスの山が開いて王女を中に閉じ込めてしまいました。ガラスの山があっという間に閉じてしまったので、王女がどこに行ったのか婚約者の男は探すことができませんでした。男は大泣きをし、王様もみじめな気持ちになり、王女がいなくなった辺りの山を壊して救い出そうとしましたが、王女がどこに落ちたのかもわからないのでした。その間王女は地中深く落ちていき、ほら穴に入り込んでいきました。

すると灰色のとても長いひげを生やしたおじいさんが王女を出迎えました。そしてこう言うのです。もし王女が召使いとなり、命じることを何でもするのなら生かしておいてやる。そうでなければ殺すと。

王女はこのおじいさんのいうことを聞くことにしました。朝になると、おじいさんはポケットからはしごを取り出し、山にたてかけ、頂上まではしごで登り、そのあとは、そのはしごをしまいました。王女はおじいさんのために食事を作り、ベッドの支度をし、おじいさんの仕事をすべてしなくてはなりませんでした。

そしておじいさんはいつも金銀を山積みにして持って家に帰ってくるのでした。とても長い間王女はおじいさんと一緒に暮らしたので、王女はおばあさんになってしまい、おじいさんは王女のことをマンスロットばあさんと呼び、自分のことはリンクランクじいさんと呼ばせました。ある日、おじいさんが出かけると、王女はベッドを整え、皿を洗い、戸と窓をしっかりと閉め、光が差し込む小窓だけを一か所開けておきました。

リンクランクじいさんは家に帰ってくると、戸をたたき、「マンスロットばあさん、戸を開けておくれ。」と叫びました。

王女は「いやですわ。リンクランクじいさん、戸は開けません。」と答えました。「おれはここだ、かわいそうなリンクランク、17フィートの長いすね、疲れ果てたこの足で、マンスロットばあさん、皿を洗っとくれ」

「もう洗いました」と王女は答えます。するとじいさんはまた言いました。

「おれはここだ、かわいそうなリンクランク、17フィートの長いすね、疲れ果てたこの足で、マンスロットばあさん、ベッドの用意をしておくれ」

「ベッドはもう整えました」と王女は答えました。するとじいさんは、また言いました。

「おれはここだ、かわいそうなリンクランク、17フィートの長いすね、疲れ果てたこの足で、マンスロットばあさん、戸を開けておくれ」

そう言うと、家の周りを一周し、小窓が開いていることに気づき、「中を覗き込んで、あいつが中で何をしているのか、なぜ戸を開けてくれないのか見てやろう。」と思いました。そこで中を覗こうとしたのですが、ひげが長すぎて頭を入れることができません。

最初にひげを小窓から入れることにしました。しかしちょうどひげを入れ終わったところで、マンスロットばあさんが窓に結び付けておいた紐を引っ張り、小窓を下げてしまったので、ひげがしっかりと挟まってしまいました。

あまりの痛さにじいさんは哀れに泣き、放してくれと頼みました。しかし、王女は山へ登るはしごをくれない限りだめだと答えました。否応なしに、じいさんは王女にはしごのありかを教えなければなりませんでした。王女は窓にとても長いリボンを結び付けていたので、はしごを登り、山を登って頂上までたどり着くと窓を開けました。王様の元へ行き、今まで自分の身に起こったすべてのことを話しました。王様はたいそう喜び、婚約者もそこにいました。

皆で山を掘り起こし、リンクランクじいさんと金銀を見つけました。王様はリンクランクじいさんを殺させ、金銀をすべて持ち帰りました。王女と婚約者は結婚し、とても幸せに華やかに暮らしました。