のらくら者の国のお話

のらくら者の国の時代に出かけて行って、ローマ教皇の宮殿とラテラーノ大聖堂が細い絹糸でつながっていて、速い馬を足のない人が追い越して、鋭い剣が橋を切ったのを見ました。

銀色の鼻の若いロバが2羽の足の速い野ウサギを追いかけて、とても大きいライムの木にホットケーキがなっているのを見ました。痩せて年老いたヤギが背中に100もの脂肪と60の塩を背負っているのを見ました。

私は嘘を十分ついていませんか。鋤が馬や雌牛なしで畑を耕すのを見て、1歳の子どもがラティスボンからトレーヴへ、トレーヴからストラスバーグまで4つのマイルストーンを投げるのを、鷹が当たり前のようにライン川を泳ぐのを見ました。魚たちが互いに妨害しあうのを聞き、その音が天まで響き、甘い蜂蜜が高い山から深い谷へと水のように流れるのを見ました。

すべては奇妙な光景でした。2羽のカラスが牧草地を刈っていて、2羽のアブが橋を作り、2羽のハトがオオカミをきれぎれに引き裂くのを見ました。2人の子どもが2人の赤ちゃんを産み、2匹の蛙が一緒にトウモロコシを脱穀しました。2匹のハツカネズミが司教を崇拝し、2匹の猫が熊の舌を引っ掻き出すのを見ました。

カタツムリが走ってきて、2頭の獰猛(どうもう)なライオンを殺しました。理髪師が立って女性のあごひげを剃り、2人の乳離れしない子どもが母親を叱りました。2頭の猟犬が水からうすを取り出し、可哀そうな年寄りの馬はそばにいて、それは正しいと言いました。

4頭の馬が庭に立ち、全力でトウモロコシを脱穀し、2頭のヤギはストーブをつけ、赤い雌牛はオーブンにパンを投げ入れました。おんどりがコケコッコーと鳴きました。

おはなしはこれでおしまい、コケコッコー。