ラプンツェル

むかしあるところに、なかなか子どもに恵まれない夫婦がいました。長い間、妻は願いが叶うよう神様に祈っていました。

夫婦の家の裏側にある小さな窓からは、とても美しい花や植物でいっぱいの緑の庭が見えました。しかし庭はとても高い塀に囲まれていて、この世でもっとも恐ろしい魔力を持った魔女の庭だったので、誰も近づこうとはしませんでした。

ある日、妻が窓の近くに立って庭を見下ろしていると、とても美味しそうなカブラギキョウ(ラプンツェル)が植えてある花壇が見えました。

とても新鮮でみずみずしい緑色だったので、見ているうちに妻はとても食べたくなりました。食べたい気持ちは日増しに強くなりました。そして絶対食べられないと思うと深く悲しみ、顔色は悪くなり、みすぼらしくなりました。

夫は妻の様子が変わってしまったことに気づき、「いったい、どうしたのだね?」と尋ねました。すると妻は、「ああ、裏から見える庭のカブラギキョウを食べられなければ、私は死んでしまいます」と答えました。

夫は妻をとても愛していたので、「妻が死んでしまわないよう、あのカブラギキョウをなんとしても取ってこなければ」と思いました。

夕暮れになると、夫は塀をつたって降りていき、魔女の庭に入ると急いで一掴みのカブラギキョウをもぎ取って、妻の元へ持ち帰りました。妻はすぐにサラダを作り、とても喜んで食べました。しかし、本当に気に入ってしまったので、次の日には昨日よりも3倍くらい食べたくなってしまいました。

休日に夫は、庭へまた降りていかざるを得ませんでした。そして、夫は夕暮れの薄暗がりの中、庭へと降りていきました。しかし、塀を降りたところで目の前に魔女が立っていたので、ひどく恐れました。

「私の庭に降りてきてカブラギキョウを盗むとは何事だね?こらしめてやる」と魔女は怒って言いました。夫は「ああ、どうかお許しを。こうするしかなく、腹を決めてきたのです。私の妻が窓からあなたの庭にあるカブラギキョウを見てとても食べたくなり、そのカブラギキョウを食べないと死んでしまうと言うのです」

魔女は怒りを鎮め、夫に「そういうことなら、カブラギキョウを好きなだけ持っておいき。ただし、条件が一つあるよ。お前たちに子どもが生まれたら、その子を私におくれ。面倒をみて、母親のように可愛がってやるよ」と言いました。

恐怖のあまり夫は魔女の言う通りにすることを約束しました。赤ちゃんが生まれると、魔女はすぐにやってきて赤ちゃんにラプンツェルと名前をつけると連れ去ってしまいました。ラプンツェルは大きくなり、この世で一番美しい女の子になりました。

12歳になったとき、魔女はラプンツェルを森の中にある塔に閉じ込めました。塔の上には階段も入り口もなく、上に小さい窓があるだけでした。魔女が中へ入るときは塔の下に立ち、大声で呼びました。

「ラプンツェル、ラプンツェル。髪を下ろして」

ラプンツェルのとても長い髪は金色に輝いています。魔女の声が聞こえると長い三つ編みの髪をほどいて、窓の上にある留め金の1つに髪をかけ、20エル(約22.8メートル)の長い髪を下に垂らし、魔女はその髪を登ってくるのでした。

数年後、ある国の王子が馬に乗って森の中を通りかかり、塔の近くにやってきました。そしてとても素敵な歌声が聞こえてきたのでしばらくそのまま聞いていました。それはラプンツェルの歌声でした。塔の中で独り、時間を持て余して甘い歌声を響かせていたのでした。王子は塔を登ってみたくなり、入り口を探しましたがどこにもありません。しかし歌声は王子の心にとても印象深く残ったので、毎日森へ出かけていってはその歌声を聞いていました。ある日、木の後ろに隠れていると魔女がやってきて、大声で呼ぶのを聞きました。

「ラプンツェル、ラプンツェル。髪を下ろして」

するとラプンツェルは長い髪を下ろし、魔女はその髪をつたい上へと登っていきました。「私も登れる梯子であるのか、運を試してみよう」と王子は思い、次の日、夕暮れになってから塔へと出かけ、大声で呼んでみました。

「ラプンツェル、ラプンツェル。髪を下ろして」

すぐに髪が降りてきて、王子は上へと登っていきました。ラプンツェルは生まれて初めて男の人を見たので最初はひどく怖がりました。王子は近づいて友達のように、ラプンツェルに心を奪われ、いてもたってもいられなくなり、会いにきてしまったと話しかけました。

ラプンツェルは怖くなくなり、王子は夫にしてもらえないかと頼みました。ラプンツェルは王子が若くハンサムなのをみとめると、「お年を召されたゴーテル様よりもわたくしを大切にしてくださるかもしれない。」と思ったので、はいと返事をして王子の手に手を重ね合わせました。

「喜んであなたについて参ります。でもわたくしはここから降りる方法を知りません。絹のかせをいつもここに来るときに持ってきてください。それでわたくしは梯子を編みます。それが出来上がったらわたくしは下に降りていきます。そのときはわたくしを馬に乗せて連れて行ってください。」

2人は合意し、それまでは昼間は魔女が来るので、王子は夕方に毎日塔に通いました。ラプンツェルが、「ねぇ、ゴーテル様。あなたは今わたくしの元にくる若い王子様よりも重たくいの。あのお方はすぐにわたくしのところへいらっしゃるのよ」と言うまで、魔女は何も気付いていませんでした。

魔女は「ああ、なんという子なんだ。なんだって?わたしゃお前を世間から引き離していたのに、だましていたんだね。」と叫び、怒りのあまりラプンツェルの長く美しい髪をぐいっと引っ張り、左手に2度巻きつけると、右手にハサミを持ち、シャッシャッと切ってしまったので、美しい髪は床に落ちてしました。

ラプンツェルは無慈悲にも魔女に砂漠に連れていかれ、深い悲しみの中でみじめに生きていかねばならなくなりました。ラプンツェルを塔から追い出した同じ日の夕方、魔女は切り落とした三つ編みの髪を窓の留め金に掛けました。やがて王子がきて大きな声で呼びました。

「ラプンツェル、ラプンツェル。髪を下ろして」

魔女は髪を下ろしました。王子は登ってきましたが、そこにいたのは愛しいラプンツェルではなく魔女でした。魔女は、王子を悪意に満ちた目で睨みつけ、あざけりを込め

て「ああ、愛しのラプンツェルを連れ出しに来たんだね、でももうあの美しい鳥は巣で鳴いちゃいないよ。猫が食っちまったからね。そしてお前の目も引っ掻かれるだろうよ。ラプンツェルはお前を失い、お前はあの子に2度と会うことはできないのさ」と叫びました。

王子は悲しみのあまり、失望して塔から飛び降りてしまいました。命は助かりましたが、いばらの上に落ちたので、とげが目に刺さり、目が見えなくなってしてしまいました。盲目になった王子は森をさまよい、木の根や木の実を食べて生き延び、最愛の妻を亡くした嘆きと悲しみに暮れていました。

王子は何年もそうやって森の中をさまよい歩き、ついに砂漠にたどり着きました。その砂漠は、ラプンツェルと生まれた男の子と女の子の双子と一緒にみじめに暮らしているところでした。王子はその声を聞き、とても懐かしい気持ちになったので前へ歩いていきました。そして近づいてきた王子をラプンツェルは覚えていたので首に抱きつき、泣きました。

ラプンツェルの流した2粒の涙は王子の目を濡らし、目は元に戻りました。そして前のように見えるようになりました。王子はラプンツェルをお城に連れて帰り、大歓迎を受けました。それからは末永く幸せに暮らしました。

*ラプンツェル、カンパニュラ、ラプンシロス(カブラギキョウ)は一般的なイトシャジンの一種。錘(つむ)の形をした根はラディッシュのように生で食べられ、甘い味がする。葉と若い芽は薄切りにした根と同様にはサラダとして食べられる。