神様の動物と悪魔の動物

神様はすべての動物を創った。そして狼を自分の犬に選んだ。しかし、山羊を忘れていた。そして、悪魔も同じように創り始め、立派な長いしっぽの山羊を創った。そして山羊は牧場へ行った。山羊のしっぽはいつも垣根にからまってしまうので大変面倒なことにいつも悪魔が解きにいかなければなかなかった。

ついに悪魔は激怒して山羊のしっぽを噛みちぎってしまった。それで今日のように山羊のしっぽは切り株のようになってしまった。そして、悪魔は山羊だけで牧場へ行かせた。山羊達は実りの多い果物の木をかじり取ったり、高貴な葡萄の木を傷つけたり、か弱い植物を台無しにしたことを神様は気付いた。

神様は悩んだ。そして善良さと慈悲で狼達を呼び集めた。そして狼は山羊のところへ行って、山羊達をバラバラに引き裂いた。悪魔がこれを見たとき、神様の前へ行き言った。「そなたの生き物達が私の生き物達を殺した。」

神様は答えた。「汝はなぜ危害をもたらすものを創ったのか?」

悪魔は言った。「私が悪魔だから邪悪な考えがそうしてしまうのだ。危害をもたらすものしか創れない。山羊達の弁償をしてくれ。」「カシの葉が落ちるとすぐに弁償する。その時に来たまえ。金はきっちり準備しておく。」

カシの葉が落ち悪魔がやって来た。そして弁償を要求した。しかし神様は言った。「コンスタンチノープル教会にはまだ葉がすべてついている高いカシの木がある。」

悪魔は憤慨し、悪態をつきながらそのカシの木を探しに出た。そして荒野を半年間彷徨って、やっと見つけた。そうこうして悪魔が帰ってきたとき、カシの木はすべて再び緑の葉で覆われていた。悪魔は弁償してもらうことができなかった。悪魔は激怒し、生き残っている山羊の目をすべて取りだし、代わりに自分の目を入れた。

こういう訳で山羊の目は悪魔の目、しっぽは嚙みちぎられたようになっている。そして悪魔は山羊の装いを好むようになったとさ。