作品概要

ハートのキング/The King of the Heart》は、画家のジャン・デュビュッフェによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

原始的な価値基準

画家の絵が輝きを放ったのは、折しも戦後の荒廃期だった。荒廃を目の当たりにした画家は本能、狂気、情熱といった原始的な価値基準の力現代社会の心の傷を消していこうとした。自らが生きる現代において、太古の力を受け継いだ生身のエネルギーを表現する必要があると考えていたのである。デュビュッフェは原始文化の大切さを強調し、同時代の動向を受け入れようとしなかった。そして、普遍的な真実を提示したのである。

本作の特徴

本作『ハートのキング』は、1960年代を通して一所懸命に取り組んでいた作品群『ウルループ』の中の1作で、まるでジグソーパズルのような作品だ。パズルが完成に近づいているようにも、完成から遠のいているようにも見える。電話でしゃべりながらボールペンでいたずら書きしたものから生まれたのがこの連作だ。色は赤、青、黒だけで、しかも勝手気ままに塗っているから、大きなカンヴァスの中で1つ1つの形を見分けていくのが大変だ。それぞれの形と動きは現実であり架空でもある画面上に存在しているようにも見える。結局、現実世界は実は幻なのかもしれないと本作は暗示しているのかもしれない。

《ハートのキング/The King of the Heart》の基本情報

  • 制作者:ジャン・デュビュッフェ
  • 作品名:ハートのキング/The King of the Heart
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部