作品概要

無題》は、画家のマーク・ロスコによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

シュルレアリストの影響

第二次世界大戦の間、ヨーロッパから多くの芸術家がアメリカの移住してきたが、その中にはシュルレアリスム運動に携わる者たちがいて、ロスコに多大な影響を及ぼした。ロスコは、ユングの普遍的無意識についての理論を自らの作品に応用すべく、より抽象的な画風へと向かっていった。1940年代末以降は絵画から具象的な人間を取り払い、今や彼のスタイルとして最も有名な、抽象的でカラフルな作品を生み出していったのである。

作品の特徴

ロスコの作品は一見したところシンプルだが、実は驚くほど複雑なプロセスを経て作られている。画面上部の鮮やかな赤とその下のダークブルーは強いコントラストを生んでいる。そして、このダークブルーの部分は生き生きとしたピンクの後光に縁どられている。これ以上ないほど鮮明なロスコの色は感情を呼び起こし思索を促す。目がこの絵の発する光に馴染むにつれ、見る側はカラーフィールド・ペインティングに心を包み込まれ、様々な色調の温かな作用に魅惑される。

《無題》の基本情報

  • 制作者:マーク・ロスコ
  • 作品名:無題
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部