作品概要

アルテミシア》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は1634年から1634年で、プラド美術館に所蔵されている。

「遺灰を受け取るアルテミシア」(「毒のコップを受け取るソフォニスバ」の題名でも知られる)は、オランダの巨匠レンブラントによる絵画である。この作品は、スペインのマドリードにあるプラド美術館に収められている。「レンブラント F 1634」とサインがされている。

この絵画の主題は、未だ明らかではない。若い女性を描いており、様々にソフォニスバやアルテミシア等と確認されており、または彼女の身に付けている宝飾品と豪華なドレスから、ときの女王とも断定されている。彼女は侍女からカップを受け取っているところだ。このカップにはアルテミシアの夫マウソラス王の灰、ソフォニスバの場合彼女を殺す毒が入っていると思われる。

レンブラントはおそらく彼女のモデルに妻のサスキアを起用したと思われる。アルテミシアに関しては、小アジア(現在のトルコのアジア地域)・カリア国の統治者マウソロスの妻であり妹であるとする説がある。紀元前353年、ハリカルナッソスに夫の死を記念して壮大な記念碑を建立した。マウソレウム(霊廟)という言葉はここから発祥したという。アルテミシアは夫の遺灰をぶどう酒に混ぜて飲み干し、自らを生ける墓としたということだ。

この作品で見えるカップにはぶどう酒と遺灰が混ざっているとされる。本作品は、亡き夫の記憶に身を捧げる寡婦を象徴している。しかしプラド美術館では「ホロフェルネスの酒宴におけるユディト」と題名がされており、この女性はユディトであるとされている。

《アルテミシア》の基本情報

  • 制作者:レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名:アルテミシア
  • 制作年:1634年-1634年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:プラド美術館 (スペイン)
  • 種類:油彩、カンバス
  • 高さ:142cm
  • 横幅:153cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部