作品概要

光の帝国?》は、画家のルネ・マグリットによって描かれた作品。制作年は1950年から1950年で、ニューヨーク近代美術館に所蔵されている。

シュルレアリストの多くが「オートマティスム」―完全な抽象絵画創作のために行われた実験的手法―をとっていたが、マグリットは具象描写から離れたことが一度もなかった。

そのスタイルが用いられた『光の帝国?』は、彼のシュルレアリストとしてのイメージをより強めた1枚だ。

作品の下部に描かれているのは、誰もいない夜道。心理的に強烈なコントラストを生み出しているのは、作品の上部に描かれた月も星も出ていない空―しかも夜空でなく、小さな白雲がふんわりと浮かんだ午後の明るい青空―だ。この二つのコントラストにより、シュルレアリスムの関心事の一つである不条理な世界を見事に描き出している。

《光の帝国?》の基本情報

  • 制作者:ルネ・マグリット
  • 作品名:光の帝国?
  • 制作年:1950年-1950年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ニューヨーク近代美術館
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部