作品概要

ある一日の謎》は、画家のジョルジュ・デ・キリコによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

形而上絵画

本作『ある一日の謎』は、デ・キリコが1918年まで続けた絵画手法で描いた、いわゆる形而上絵画(ピットゥラ・メタフィジカ)だ。この時期の大半の作品と同じく、この絵の主題もひと気のない街角であり、遠くにいる2人の人の姿と1体の像以外は何もない。古典的な、それでいて特徴のないアーチ型建造物は真っ暗な影を投げかけている。閉ざされた1台の鉄道の客貨車と2本の背の高い煙突が醸し出すのは、建造物と同じく工業的な雰囲気だ。いかにも不安を感じさせる遠近法で、見ていて落ち着かない。これが実際の光景ではなく夢の中の景色、あるいは想像上の場所であることは明らかだ。

キリコの影響

この時期の画家の作品はシュルレアリスト、特にダリやマグリットといっただまし絵画家たちに計り知れない影響を及ぼした。デ・キリコの「都市における疎外感」というモチーフは、ジョージ・グロッスら更新の画家たちの作品にも見られるものだ。デ・キリコが絵画を通じて創出した場所は、いまや私たちの集団想像力の一部となっている。彼の作品には無意識について多くを教え、見る者の潜在意識を顕在化する力があるのだ。

《ある一日の謎》の基本情報

  • 制作者:ジョルジュ・デ・キリコ
  • 作品名:ある一日の謎
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部