作品概要

階段を降りる裸婦像No.2》は、画家のマルセル・デュシャンによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

発表までの経緯

一般公開させれるまで数ヶ月を要したが、これはマルセル・デュシャンの知名度を一気に上げた絵である。もともとは1912年のパリのアンデパンダン展に出品予定だったが、あまりに「独自すぎる」と避難され、展示を拒否されてしまったのだ。デュシャンの努力により、この絵はバルセロナで初公開後、1913年にニューヨークのアーモリー・ショーにも出品された。

作風について

当時キュビズムの流れを汲む未来派の作品を初めて目にしたアメリカの批評家たちの衝撃は凄まじい者だった。本作の荒涼とした色合い、刺々しいアングルは攻撃性の表れであり、見た者を落ち着かない気分にさせる。だが未来派のトーンが前面に押し出されているにもかかわらず、後に画家は、この作品を描いているときは未来派の様式を全く意識していなかったと語っている。

《階段を降りる裸婦像No.2》の基本情報

  • 制作者:マルセル・デュシャン
  • 作品名:階段を降りる裸婦像No.2
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部