作品概要

黄色、青、赤のコンポジション》は、画家のピエト・モンドリアンによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

新造形主義

モンドリアンは抽象絵画の発展に重要な足跡を残した画家だ。彼は一連の原則に基づき、非具象的な絵画の可能性を徹底的に追求した。その情熱を支えていたのは、「純粋な」現実を表現したいという画家自身の大志である。今では「新造形主義」として知られるモンドリアンの様式は、外界の目に見える要素をいっさい扱わないことが特徴だ。カンヴァスから具体的なイメージを全て取り除き、伝統的に絵画の主要な要素として見られてきたライン、形態、色彩を活用して全く異なる目標?すなわち「造形表現」の体現?を目指そうとしたのである。

本作の特徴

本作において画家は、格子状に交わる何本もの縦線と横線で構図を生み出している。原色で塗られた4つのエリアにはそれぞれ「重み」が感じられ、バランスをとるという色彩の機能を見事に果たしている。『黄色、青、赤のコンポジション』はモンドリアンの成熟したアプローチを楽しめる1枚だ。この作品で重要なのは、絵画の根本的な要素のみを用いて、モンドリアンが追求したとおりの造形表現がなされていることである。

《黄色、青、赤のコンポジション》の基本情報

  • 制作者:ピエト・モンドリアン
  • 作品名:黄色、青、赤のコンポジション
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部