作品概要

アーケードの戦い》は、画家のウンベルト・ボッチョーニによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

未来派のダイナミズム

この作品を描いたのと同じ年に、ウンベルト・ボッチョーニが発表した『未来主義宣言』には、「戦い」「悪しき」「侮辱」など攻撃的で激しい言葉が満ち溢れている。この荒々しさは、ミラノで最も有名なショッピング街で突然ヒステリックに騒ぎ出した上流階級の人々を描いた本作にも表れている。近代都市の熱いスピード感と爆発的な動きを強調した点で、この絵は未来派(※)の作品と定義することができるだろう。

印象派の影響

未来派は芸術の伝統的な概念や過去を拒絶したことで知られているが、本作が近年の芸術様式を用いた作品であることは否めない。ボッチョーニは1902年、パリで印象主義とポスト印象主義を学んでいたことで知られ、この絵の色遣いには彼のそういう知識が反映されている。その上彼の作品には、線ではなく非常に細かいタッチで絵の具を用いるやり方が見られるが、これも19世紀後半の画家、ジョルジュ・スーラが編み出した点描主義によく似ている。

(※)未来派

イタリアの詩人フィリッポ・トンマーゾ・マリネッティが1909年に始めた芸術の動向。現代生活のダイナミズム、エネルギー、動きを表現した作品を特徴とする。代表的な芸術家はセヴェリーニやバッラなど。

《アーケードの戦い》の基本情報

  • 制作者:ウンベルト・ボッチョーニ
  • 作品名:アーケードの戦い
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部