作品概要

アトリエⅣ》は、画家のジョルジュ・ブラックによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

キャリアの始まり

ブラックはパリにほど近いアルジャンテゥイユで装飾画家・ペンキ屋を生業とする一家に生まれた。1900年にパリに移り住んだエコール・デ・ボザール、さらに1902年からはハンバート・アカデミーで絵を学び、ラウル・デュフィやオトン・フリエスらと親交を深め、野獣派の影響を受けることになる。そのスタイルに大きな変化が訪れたのは、1907年にピカソと出会い、彼の『アヴィニョンの娘たち』を目の当たりにした時だ。

2人のキュビスト

ピカソとブラックは抑えたトーン、空間を駆使した複雑な構図という似たスタイルの作品を生み出し、キュビストと呼ばれるようになった。キュビズムという名は、彼の風景画『レスタックの家』が小さなキューブの集まりに見えたことから付けられた。ブラックは、「自然を円錐、球、円筒によって扱う」というセザンヌの理論をもとに、自然を単純な形態に還元している。

キャリアの後半

キャリアの後半になると画家のスタイルは再び進化。アトリエという連作(本作はその1枚)に見られるように、より個人的かつ装飾的なモチーフを、豊かな色彩で描き出すようになった。また空間を複雑に活用した室内描写には見事に調和した美意識が感じられ、計算され尽した視覚的魅力が生み出されている。

《アトリエⅣ》の基本情報

  • 制作者:ジョルジュ・ブラック
  • 作品名:アトリエⅣ
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部