作品概要

ドラ・マールの肖像》は、画家のパブロ・ピカソによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

パブロ・ピカソとドラ・マールが付き合っていたのは1930年代から1940年代にかけての10年間だ。アルゼンチンで育ち、最初は絵の勉強をしていた彼女だが、1930年代にシュルレアリスム写真家として有名になる。二人の関係は騒動が絶えなかったが、マール以外の従順な愛人とたちと付き合っていた時期に比べて、ピカソははるかに興味深い作品を生み出している。ピカソにとってマールはミューズでありモデルであり仲間であり、彼の知性を刺激するスパーリングパートナーでもあったのだ。マールは反戦絵画の傑作『ゲルニカ』を描く助言をしたと言われている。

《ドラ・マールの肖像》の基本情報

  • 制作者:パブロ・ピカソ
  • 作品名:ドラ・マールの肖像
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部