作品概要

若い女の頭部》は、画家のパブロ・ピカソによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

パブロ・ピカソは伝統的な絵画手法に不満を覚え、空間を平面的に描こうとしたセザンヌの手法に刺激を受け、ジョルジュ・ブラックとともに芸術表現を新たに作り変えた。そのキュビズムという様式は、芸術界に革命をもたらすことになる。ピカソは対象を幾何学的な形に分解し、それらをより不自然なやり方で再構成するようになっていった。1912年にはコラージュ手法を用いるようになり、ギターや人の東部などを対象にした作品を繰り返し手がけた。

ピカソは、最初は見る者に混乱を生じさせるが、無数の解釈を可能にするやり方で様々な素材を組み合わせている、例えばこの作品が表現しているのは微笑か?何かを隠している少女の姿か?だがそんなふうに解釈しようとすることは無謀な事なのかもしれない。彼自身、「探すということは、絵画では何をも意味しない。重要なのは見いだすことだ」と述べているのだから。

《若い女の頭部》の基本情報

  • 制作者:パブロ・ピカソ
  • 作品名:若い女の頭部
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部