作品概要

椅子の上の梨》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

現代美術の父

セザンヌの静物画には、伝統に捉われない感性が示されていることから、セザンヌは、現代芸術とは言わないまでも、キュビズムの父と考えられている。本作は印象主義が絵画に与える影響や、印象主義を自分の制作活動に当てはめることができるかを見極めようとしていた時期の作品で、セザンヌの典型的な様式で描かれている。

特徴

楕円形の皿は完全に釣り合いが取れているのに対し、椅子の表面は別の空間面に描かれている。実際、このような視覚的分離こそ、分析段階にあるキュビズムの画家たちが熱心に探究したものである。力強い黒い線が果物の輪郭を縁取り、椅子の表面は大胆に切り取られているが、それによって絵全体の抽象性が高められている。本作に見られる、現実、あるいは見せかけの世界をありのままに表現しようという粘り強い追求も素晴らしいが、この作品はセザンヌが選んだ五感で感じる世界を表現するというより実験的な方向を予測している。

《椅子の上の梨》の基本情報

  • 制作者:フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名:椅子の上の梨
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部