作品概要

アニエールの水浴》は、画家のジョルジュ・スーラによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

新印象主義

スーラは新印象主義の創始者である。新印象主義とは、美術批評家でこの絵を購入したフェリックス=フェネオンンが、印象派から発展すると同時に、印象派の反動として起こった芸術運動を言い表すために考えだした言葉である。印象派と新印象主義の画家たちは、光と色への関心や、現代的な生活を題材としたことなど、多くの点で似ている。しかし、モネのような画家たちが束の間の一瞬を捉えようとしたのに対し、スーラは苦心の末、永遠化した一瞬を示している。

点描主義の発展

当時の色彩理論に魅力を感じていたスーラは、点描主義と呼ばれる技法を発展させた。純色の小さな点を、丁寧に、体系的にカンヴァスに置いていき、鑑賞者の目の中で混ざり合うようにした技法である。この作品でも、前景で水浴びをする人の赤い帽子など、様々な箇所でこの技法が使われている。この技法は、シニャックやピサロなどの画家も取り入れ、ゴッホなどの画家にも影響を与えた。

《アニエールの水浴》の基本情報

  • 制作者:ジョルジュ・スーラ
  • 作品名:アニエールの水浴
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部