作品概要

日本の橋》は、画家のクロード・モネによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

題材

1890年、モネはフランスのジヴェルニーに一軒家を購入し、そこに百合が咲き乱れる池や日本風の太鼓橋などを備えた魅力的な庭園を造園した。この庭園の光景はモネのインスピレーションの源泉となり、その儚い光と陰の様々な描写に大半の時間を費やすことになる。その中でも太鼓橋は画家のお気に入りの題材のひとつで、様々に異なる雰囲気や光の描写を用いながら何度も繰り返し描いている。

特徴

何度も繰り返し描いた太鼓橋の中でも本作は最も抽象的な1枚となった。というのも、画家は1908年に白内障を患い、視界の歪みに苦しめられることになる。本作の特徴は、その病気の特徴である赤みを帯びた色で描かれているのが特徴だ。中央に描かれた橋の輪郭を取り囲むように、木々や植物、水面が渦を巻くようなエネルギッシュな筆致で表現されている。この題材を綿密に探求してた彼らしく、色、光、枝葉、反射の相互作用が細かく分解された仕上がりとなっている。

インパスト

絵の具を絵筆やパレットナイフを使って厚く塗り付ける技法。筆やナイフの後が残り、絵の具の表面の盛り上がりで質感を表現する手法が本作の随所い表れている。これは後に抽象表現主義の画家たちに大きな影響を与えることとなった。

《日本の橋》の基本情報

  • 制作者:クロード・モネ
  • 作品名:日本の橋
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部