作品概要

アレクサンダー大王の戦い》は、画家のアルブレヒト・アルトドルファーによって描かれた作品。制作年は1529年から1529年で、アルテ・ピナコテークに所蔵されている。

詳細な画像を見る

『アレクサンダー大王の戦い』はドイツの画家アルブレヒト・アルトドルファーによって1529年に描かれた作品。ドイツ・ミュンヘンのアルテ・ピナコテークに所蔵されている。

本作はアルトドルファーの描いた最も有名な作品である。 主題は紀元前333年のイッソスの戦いで、アレクサンダー大王率いるマケドニア軍が、ダレイオス王率いるペルシャ軍に勝利した場面を描いている。

バイエルン公ヴィルヘルム4世は、ミュンヘンの住居に飾る一連の歴史的絵画の一部として1528年に本作を依頼した。実際にはトルコで行われた戦いだが、アルプスの岩場やドイツの都市を背景に描かれている。この描写は、当時のヨーロッパとオスマン帝国との紛争になぞらえる意図があるのではないかと指摘する評論家もいる。実際、本作のアレクサンダー大王は16世紀の鎧を、ダレイオスはトルコの戦闘服を着せられている。特に、1529年にスレイマン1世率いるオスマン帝国軍がウィーンを取り囲んだ第一次ウィーン包囲は、アルトドルファーに多大なインスピレーションを与えた可能性がある。

空の中心にあるタブレットには、ラテン語で「アレクサンダー大王は、ペルシャ軍によって殺された10万人の歩兵と1万人以上の騎兵を代償に、ダレイオスを倒した。ダレイオスは、1000人以上の騎兵、母親、妻、子供たちを捕虜に差し出し、自身の自由を得た」と書かれている。元々はドイツ語であったが、後にラテン語に書き替えられた。

前景を埋め尽くしているのは、圧倒的なまでの槍の海と、数千の馬と歩兵である。下には多くの兵士の遺体が見える。作品下部の中央に見える、長い槍を構えた騎兵がアレクサンダー大王である。

この絵の中心とも言える尋常でない空の描写には、宗教的な比喩がある。エジプト人に太陽の神と呼ばれたアレクサンダー大王は、太陽の光の中で勝利を得、ペルシャ人は近東の象徴である三日月の下の闇に追い込まれている。月に対する太陽の勝利は、イスラム教に対するキリスト教の勝利を意味している。

《アレクサンダー大王の戦い》の基本情報

  • 画家アルブレヒト・アルトドルファー
  • 作品名アレクサンダー大王の戦い
  • 制作年1529年-1529年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵アルテ・ピナコテーク (ドイツ)
  • 種類油彩
  • 高さ158.4cm
  • 横幅120.3cm
  • 編集情報

  • 投稿日
  • 編集者