作品概要

キリストの試練》は、画家のサンドロ・ボッティチェリによって描かれた作品。制作年は1480年から1480年で、ヴァティカン システィーナ礼拝堂に所蔵されている。

詳細な画像を見る

サンドロ・ボッティチェッリが、1480年から1482年にかけてシスティーナ礼拝堂内のフレスコ画制作のためにヴァティカンに招聘されて制作した作品の一枚である。1480年10月27日、ボッティチェッリはフィレンツェを代表するほかの芸術家とともに、ロレンツォ・イル・マニーフィコ・デ・メディチに選ばれて「文化大使」として法王シクトゥス四世のもとに送られた。実際にシスティーナ礼拝堂内で仕事が始まったのは、1481年の春であった。ボッティチェッリの隣では、ベルジーノがフレスコ画を制作していた。

ボッティチェッリは多くの弟子たちと主に、契約通り1482年2月17日に「キリストの試練」「モーセの試練」「反逆者たちの懲罰」を完成させている。その三日後、ボッティチェッリは父を失い、フィレンツェに戻ることになった。このあと、ボッティチェッリがフィレンツェの外で仕事をした記録は残っていない。

システィーナ礼拝堂にボッティチェッリが描いた「モーセの試練」と同様、左右対称にイエスをめぐる物語が展開する構図となっている。作品内に碑文のように描かれている「TEMPTATIO IESU CHRISTI LATORIS EVANGELICAE LEGIS」の文字から、「キリストの試練」をテーマに描いたことがわかる。

作品上部の左側では、イエスが悪魔と遭遇している。作品の中央に描かれている建物は、サント・スピリト・イン・サキシア病院である。その頂上に、イエスと悪魔が立っているのが見える。右側では、イエスは全世界を統治することを拒否し、全裸の悪魔を岸壁から突き落としているシーンが描かれている。

作品の下部の病者は、さまざまな解釈がある。おそらく、イエスがハンセン病の患者を奇跡で救ったあと、生け贄の儀式が行われていると考えられている。

フィレンツェでは高名であったボッティチェッリではあるが、システィーナ礼拝堂内で旧約聖書をテーマに物語風のフレスコ画を描くことにはかなりの困難があったと推測されている。一作品内に描かれる人部図の数が多すぎ、作品全体にまとまりがないという批判もある。また、生涯をフィレンツェから出ることなく過ごしてきたボッティチェッリにとって、ローマは異国であり作品を制作する環境が万全でなかったと主張する研究者も多い。

《キリストの試練》の基本情報

  • 画家サンドロ・ボッティチェリ
  • 作品名キリストの試練
  • 制作年1480年-1482年
  • 製作国ヴァティカン
  • 所蔵ヴァティカン システィーナ礼拝堂 (ヴァティカン)
  • 種類フレスコ画
  • 高さ345,5cm
  • 横幅555cm
  • 編集情報

  • 投稿日
  • 編集者