作品概要

ブルー・ヌードⅢ》は、画家のアンリ・マティスによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

抽象主義の完成段階

アンリ・マティスが晩年の1952-54年に描いた独創的な4枚の連作ブルー・ヌードは、伝統をふまえながらも実験精神に満ちた作品だ。ブルー・ヌードⅢは、抽象を追い求めた画家がその完成段階に達した事を示す作品だが、人間の体を表している事は一見してわかる。

制作方法

本作は、グワッシュ(不透明水彩絵具)を塗った紙を切って貼りつけた作品で、マティスが集めていたアフリカの彫刻や1930年代に訪れたタヒチからヒントを得たものである。彫刻や旅から得たインスピレーションを独創的な連作に仕上げるまでに20年の歳月を要したのは、病を得て絵筆を持てなくなってしまったからだった。彼はこれを“紙で描く”作業といい、切り紙の間にあるスペースで人物の輪郭を表現した。
まるでレリーフと見紛うばかりの効果が出ているが、これは二次元作品だ。本作は、色彩と形の完璧なる融合を長年追求してきた画家の最高傑作で、ある意味、終点に到達した作品と言えるだろう。

ブルーヌード連作 ブルー・ヌードⅠ〜Ⅳ

《ブルー・ヌードⅢ》の基本情報

  • 制作者:アンリ・マティス
  • 作品名:ブルー・ヌードⅢ
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部