作品概要

リュエイユの畑》は、画家のモーリス・ド・フラマンクによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

ブラマンクとドランは、フォーヴィズム運動の中心的なメンバーとして評価されていた。フォーヴィズムは、混色しない強い色を非自然主義的に使い、世間に定着した好みを崩そうとした画家のグループである。ブラマンクは「直感と才能だけが絵画の本質的要素だ」と断言し、過去の巨匠から学ぶ事を軽視した。

しかし、明らかにこの風景はゴッホや、その前の印象主義から続く系譜に属している。ブラマンクは、このような先人たちと同様に、戸外での制作や、自然の賛美としての風景画に強い関心を持っていた。屋根に塗られた均質的な色を例外とし、カンヴァスのほとんどに見られる途切れ途切れの筆致も、モネやシスレーの作品を思い起こさせる。

しかし、ブラマンクの色の使い方は根本的に異なっている。チューブから出したばかりの純粋色と明るい色調が、フランス郊外の田舎の潜在的に単調なシーンを、技巧的な花火のように変えている。この風景画は、いまでこそ洗練されて魅力的に見えるだろうが、当時の人々がこのエネルギーをどれほど下品で粗野なものに感じていたか想像に難くない。

《リュエイユの畑》の基本情報

  • 制作者:モーリス・ド・フラマンク
  • 作品名:リュエイユの畑
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部