作品概要

貢の銭》は、画家のマサッチオによって描かれた作品。制作年は1925年から1925年で、サンタ・マリア・デル・カルミネ大聖堂ブランカッチ礼拝堂に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『貢の銭』は現在イタリアのフィレンツェにあるサンタ・マリア・デル・カルミネ教会のブランカッチ礼拝堂にて所蔵されている。この作品はルネッサンス期のイタリア人画家であるマサッチオが最初に執筆し、後に協力者として彼の先輩にあたるマソリーノの手によって1925年にて完成される。『貢の銭』はマサッチオの最も優秀な作品の内の一枚であると広く知られており、ルネッサンス期の芸術の発展においても重要な一枚として認識されている。1920年代の作成時期から1980年代、ブランカッチ礼拝堂のフルリノベーションが完了するまで、『貢の銭』は数々の大きなダメージを受けてきている。

ブランカッチ礼拝堂には聖ペテロの生涯を描いた一連のフレスコ画達が飾られており、『貢の銭』もそのうちの一枚である。この絵画に描かれているのはマタイの福音書から抜粋したワンシーンであり、寺院税を払うため、イエスが聖ペテロに魚の口の中から硬貨を見つけるよう指示する物語である。収税吏が室外にてキリストとその弟子達の全グループに直面するという点から言うと、この作品は元となる福音書内の物語とは幾分離れている。

『貢の銭』が芸術的な視点から革命的な作品であると認識されているのは、マサッチオが使用したユニークな遠近法と明暗の使い分けに理由がある。マサッチオは、主に彼が使用する単一点透視法が原因で、よく同じくルネッサンス期の先駆者であるドナテッロやブルネレスキと比較されるが、空気遠近法の使用はマサッチオ独自のテクニックである。

《貢の銭》の基本情報

  • 画家マサッチオ
  • 作品名貢の銭
  • 制作年1925年-1925年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵サンタ・マリア・デル・カルミネ大聖堂ブランカッチ礼拝堂 (イタリア)
  • 種類フレスコ画
  • 高さ247cm
  • 横幅597cm
  • 編集情報

  • 投稿日
  • 編集者