作品概要

ホラティウス兄弟の誓い》は、画家のジャック=ルイ・ダヴィットによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

新古典主義の父

ジャック=ルイ・ダヴィットが政治的プロパガンダを謳う史上最も非凡なる画家だったことは間違えないだろう。画家は新古典主義の父であり、古典神話や歴史になぞらえて当時の世相を絵に描いた。

場面

本作は、紀元前59年頃に古代ローマの歴史家ティトス・リウィウスが記した物語。二つの家系の息子たち、ローマのホラティウス3兄弟とアルバのクリアティウス3兄弟の間で繰り広げられた、紀元前669年頃の争いである。両家には婚姻関係による結びつきがあり、義理の兄弟同士でもあったが、ホラティウス家の年長者は容赦しなかった。悲しみに沈む女性たちを尻目に、兄弟は言いつけに従う。男たちが個人的な想いを抑えて政治理念を優先した瞬間を描くことで、画家はホラティウス兄弟を当時の政治動乱期のロールモデルとして観者の前に出している。

《ホラティウス兄弟の誓い》の基本情報

  • 制作者:ジャック=ルイ・ダヴィット
  • 作品名:ホラティウス兄弟の誓い
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部