作品概要

ファン・ゴッホの寝室(アルルの寝室)第3バージョン》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は1888年から1888年で、オルセー美術館に所蔵されている。

最も幸せな時期に

ゴッホは1888年の秋、人生で最も幸せな時期に、この作品の第1バージョンを描いている。アルルに移れば自分の絵に新たな展望が生まれるだろうと考えていた画家は、弟のテオに頼み、ポール・ゴーギャンがゴッホと一緒に暮らすよう説得してもらった。そして新しい客への歓迎の意を表するために、壁に掛ける一連の作品を急いで描いた。これらの絵は主に、家の装飾品として制作されるにすぎなかったが、画家はゴーギャンの才能に畏敬の念を抱いており、自分の作品がゴーギャンの絵に匹敵することを示したいという思いで書いた作品でもある。

第3バージョン(本作)の特徴

ゴーギャンとの友情関係の崩壊後、ゴッホは神経衰弱に陥った。本作はサン・レミの精神病院で療養しながら、母親のために描いた。構造的には前の2つのバージョンによく似ているが、細部に大きな違いがある。第1バージョンでは床をバラ色で描いたのに対し、本作では茶色がかったグレーが使われていて、自分の心を絵の色に投影した画家の憂鬱な心的状態を反映している。この作品を描いてから10か月後の、画家は自殺をしている。

《ファン・ゴッホの寝室(アルルの寝室)第3バージョン》の基本情報

  • 制作者:フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名:ファン・ゴッホの寝室(アルルの寝室)第3バージョン
  • 制作年:1888年-1888年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:オルセー美術館
  • 種類:油彩
  • 高さ:72cm
  • 横幅:90cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部