作品概要

タマテテ》は、画家のポール・ゴーギャンによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

「楽園(タヒチ)」の現実

1891年に画家が「楽園(タヒチ)」に着いたときには、フランスの植民地主義者やキリスト教の伝道者たちがその文化の大部分を破壊してしまっていた。前もって読んでいた書物に描かれたいたようなタヒチは、もはや存在しなかった。画家はしばしば他の情報源を使い、作品の中で作り出した神や神話を通して、タヒチを再構築しようとした。現代社会の現実を描くことはまれだったが。タマテテでは売春婦の一群を描いている。西洋的な退廃の侵入を、手にタバコを持った女性がよく示している。

特徴

この絵はエジプトのフリーズのように平坦である。おそらく画家がタヒチに持って行ったエジプトの写真から着想を得たのだろう。遠景に描かれた漁師の列も奥行を全く感じさせない。さらにこの色彩豊かな作品の中で最も際立った特徴は、女性のダンスのような動きである。画家は1889年のパリ世界博で見て、大きな感銘を受けた、ジャワの舞踏ダンサーの動きを役立てたのであろう。ダンスは植民地主義者たちが強く押さえつけた活動だった。ゴーギャンは最後に残された本物の文化として歌やダンスを描いたが、先住民やその文化に対する支持は、絵に対する折衷主義的な姿勢を妨げることはなかった。

《タマテテ》の基本情報

  • 制作者:ポール・ゴーギャン
  • 作品名:タマテテ
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部