作品概要

説教のあとの幻影》は、画家のポール・ゴーギャンによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

題材・構図

敬虔なブルターニュの人々は、聖人の祝日に伝統衣装を身に着け、免罪符を受け取る習慣があり、本作はその習慣を題材としている。画家は木によって絵を2つのはっきり異なる部分に分けている。左側には、赤い野原を背景にこぎれいな白いボンネットを被った女性たちが、模様のように描かれている。鑑賞者の視線は、説教が生み出した、ヤコブが天使と格闘する幻影に吸い寄せられていく。この格闘は創世記に出てくる話である。よく知られているブルターニュ地方のレスリングの習慣は、あまり敬虔とは言えない楽しみだが、宗教的な題材と融合されている。画家は、「風景とレスリングは…説教を聞いて、祈っている人々の想像の中にのみ存在する。」と述べている。この世のものとは思えない雰囲気を表現するために、ゴーギャンは縮尺を歪め、鮮やかで自由な色を使っている。

ベルナールとの決別

画家は1888年から1991年の間、ブルターニュ地方のポン=タヴェンで、若手の画家エミール・ベルナールと密に協力して仕事した。どちらの画家も、象徴主義運動の影響を受け、「原始芸術」に関心を持ち、同じ時期に同じような表現形式に達した。本作の2、3週間前に、革新的であるが、構図的に弱いベルナールの「草地のブルターニュの女たち」が制作されたため、盗作疑惑が持ち上がった。ゴーギャンは最終的に象徴主義・印象主義と決別し、クロワゾニズムの輪郭線で囲んだ形を、平らにし、単純化した。残念ながら本作はゴーギャンとベルナールの間に亀裂を生じさせることとなった。

草地のブルターニュの女たち

↑ベルナール 「草地のブルターニュの女たち」

《説教のあとの幻影》の基本情報

  • 制作者:ポール・ゴーギャン
  • 作品名:説教のあとの幻影
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部