作品概要

二河白道図》は、画家の作者不明によって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

二河白道とは、中国唐時代の浄土教家・善導が説いたたとえ話です。清浄な信心を現世と極楽浄土をつなぐ細く白い道にたとえ、火の河(瞋憎:しんぞう)や水の河(貪愛:とんあい)などの煩悩に惑わされても、この道を一心に渡る(念仏する)ことで極楽へいくことができるというものです。

法然が『選択本願念仏集』で、親鸞が『教行信証』でそれぞれこの話にふれており、鎌倉時代以降に絵画化されました。本展ではこの他に3点の二河白道図が出品されます。

《二河白道図》の基本情報

  • 制作者:作者不明
  • 作品名:二河白道図
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部