作品概要

聖なる寓意》は、画家のジョヴァンニ・ベリーニによって描かれた作品。制作年は1490年から1490年で、ウフィツィ美術館に所蔵されている。

『聖なる寓意』は、イタリアルネサンス期の画家である、ジョヴァンニ・ベッリーニによって、1490年から1500年の間に描かれた絵画である。絵は、イタリアのフィレンツェにある、ウフィツィ美術館に展示されている。
聖なる寓意に関する正式な文章は残されていないが、18世紀のオーストリアのウィーン皇帝のコレクションだったと知られている。1793年、当時ウフィツィ美術館のコレクションの分類整理に携わっていたルイジ・ランツィが、美術館のヴェネツィア派ルネサンスとしての価値を高めるために、他の作品と交換した。それは、当時ルネサンスのヴェネツィアで活動したイタリア人画家、ジョルジョーネに帰属すると考えられる。

イタリアの美術史学者であるジョヴァンニ・バッティスタ・カバルカゼレが、初めに聖なる寓意はジョヴァンニによる作品であると鑑定した。今日、聖なる寓意はジョヴァンニの作品であると広く知られているが、マルコ・バサイーティによる作品だと言及する者もいる。

風景には、多色彩の大理石の敷石が敷き詰められた広いテラスと、遠近法によって、手すりで隔てられた湖岸が描かれている。風景の左側で聖母マリアが、彼女の受胎性を象徴する、円錐形の天蓋の下で崇められている。その天蓋には四段の階段がついているとともに、側面にはイエスの受難に匹敵すると解釈されている、マルシュアースの神話の場面が描かれている。聖母マリアの近くには、二人の正体不明な女性の姿が描かれており、彼女たちは聖者か貞女を表現しているとも言える。二人の女性の内一人は、足が描かれていないため、空気中を漂っているように見える。

風景の中央には、小さな木と銀色の果実とともに四人の子どもたちが描かれている。おそらく木は知恵の樹を表し、果実は生命や知識の象徴である。右側には、ヨブと聖セバスティアヌスがいる。手すりの外側には、ナザレのヨセフ(もしくはペトロ)とパウロがおり、パウロは彼の象徴である剣を所持している。パウロは、おそらく異教徒を示唆したターバンを巻いた男性がいる、左側を向いている。

背景には、大きな湖の向こう側に、男性や動物たちとともに、岩脈が描かれている。湖岸には、小さなほら穴の中に羊飼いやケンタウロスが描かれている。

《聖なる寓意》の基本情報

  • 制作者:ジョヴァンニ・ベリーニ
  • 作品名:聖なる寓意
  • 制作年:1490年-1500年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ウフィツィ美術館 (イタリア)
  • 種類:絵画
  • 高さ:73cm
  • 横幅:119cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部