作品概要

神々の祝宴(バッコス祭)》は、画家のジョヴァンニ・ベリーニによって描かれた作品。制作年は1490年年から1490年年で、ワシントンD.C.ナショナルギャラリーに所蔵されている。

『神々の祝宴(バッコス祭)』はルネサンスの巨匠であるジョヴァンニ・ベリーニによって描かれた油絵であり、絵画左と中央の背景はすべてドッソ・ドッシとティツィアーノによって段階的に加えられたものである。

この絵画はロティスに対する強姦未遂の出来事を表している。自由を祝う祭りの最中プリアーポスは眠っているロティスに強姦を働こうとしたが、サテュロスの叫びにより目覚めたロティスには逃げられ、プリアーポスの意図に気づいた人たちの前で恥をかいたという内容だ。

主題はルネサンスのヒューマニストであるマリオ・エクイコラによって1511年までに決められ、スケッチを含む指示書が画家に送られた。80歳を超えたべリーニが1490年から制作に取り掛かり1514年に完成した『神々の祝宴(バッコス祭)』は、彼の最後の主要作品である。

この作品は普段のベリーニの宗教シーン、肖像画からはかけ離れている。ベリーニは作品を完成させ1516年に亡くなり、その数年後ドッソとティツィアーノにより、ティツィアーノの作品『アンドロス島の人々』に合わせて背景が修正されたと言われている。

作成にあたってベリーニ、ドッソ、ティツィアーノは、天然ウルトラマリンや鉛錫黄など、当時利用可能な絵具を使った。『神々の祝宴(バッコス祭)』はルネサンス期イタリアの油絵において石黄、鶏冠石を使用した数少ない例である。

『神々の祝宴(バッコス祭)』はこのベネチア画家による希少な神話絵画の1つである。現在はワシントンD.Cのナショナルギャラリーに保管されており「最も優れたルネサンス絵画の1つである」と言われている。

《神々の祝宴(バッコス祭)》の基本情報

  • 制作者:ジョヴァンニ・ベリーニ
  • 作品名:神々の祝宴(バッコス祭)
  • 制作年:1490年年-1514年年
  • 製作国:イタリア
  • 所蔵:ワシントンD.C.ナショナルギャラリー (アメリカ)
  • 種類:油彩・画布
  • 高さ:170cm
  • 横幅:188cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部