作品概要

クァラテージの多翼祭壇画》は、画家のジェンティーレ・ダ・ファブリアーノによって描かれた作品。制作年は?年から?年で、複数あり、文中に記載に所蔵されている。

『クァラテージの多翼祭壇画』は、イタリアの画家ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノによる作品である。フィレンツェのサン・ニッコロ・オルトラルノ教会にあったクァラテージ家の礼拝堂のために、おそらくは『東方三賢王の礼拝』完成からそれほど時を経ずにして作成されたと考えられている。この祭壇画は現在、いくつかの美術館に分かれて収蔵されている。

今日では、元々五つあった部分のうち四つの部分がよく知られている。中央にあった部分である「聖母子」はロンドンのナショナル・ギャラリーが管理し、ロイヤル・コレクションとしてハンプトン・コート宮殿に、残りの四つの聖人図は、フィレンツェのウフィツィ美術館に収蔵されている。

中央の「聖母子」のパネルには上部にイエス・キリストのメダリオンと天使が描かれている。サイズは139.9×83cmである。

四つのパネルに描かれている聖人は、左からマグダラのマリア、聖ニコラウス、バプテスマのヨハネ、聖ゲオルギウスである。聖人のパネルはどれも200×60cmである。

プレデラ(裾絵)には聖ニコラウスの生涯の物語が描かれている。五枚のうちの一枚、「聖ニコラウスの墓前の巡礼者の奇跡」はワシントン・ナショナル・ギャラリーの所蔵、その他四枚(聖ニコラウスの誕生、三人の娘がいる貧しい家に金を投げ入れるニコラウス、難破船を救うニコラウス、三人の青年を救うニコラウス)はヴァティカン美術館の所蔵である。

《クァラテージの多翼祭壇画》の基本情報

  • 制作者:ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノ
  • 作品名:クァラテージの多翼祭壇画
  • 制作年:?年-1425年
  • 製作国:イタリア
  • 所蔵:複数あり、文中に記載 (複数あり、文中に記載)
  • 種類:テンペラ画
  • 高さ:文中に記載cm
  • 横幅:文中に記載cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部