作品概要

カナの婚礼》は、画家のミケーレ・ダマスキノスによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

ガラリアの村カナにおける婚礼祝宴で、キリストが最初に起こした奇跡を描いています。

母マリアや弟子たちも招かれていたのですが、祝宴の途中でぶどう酒がなくなり、母がイエスにそのことを伝えたところ、イエスは召使たちに水甕に水を入れさせて、宴会の世話役に持っていかせました。

世話役が味見をすると、水は上等のぶどう酒に変わっていたのです。

イエスのこの最初の奇跡によって、弟子たちはイエスを信じることになるという話です。

《カナの婚礼》の基本情報

  • 制作者:ミケーレ・ダマスキノス
  • 作品名:カナの婚礼
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部