作品概要

議論する二人の老人》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

場面

この絵は長年に渡って様々な異なる名前で呼ばれてきたが、妥当な解釈だと思われるのは、使徒ペテロとパウロが聖書の問題について議論しているというものだ。当時のネーデルランドにおけるプロテスタント主義と考え合わせると、ここには特別な神学的な意味が込められているのかもしれない。聖書のページを指すパウロの顔が光に照らされているのに対し、頑固なペテロの顔は陰の中にある。キリストの言葉にあるように、岩のように座り、パウロの言葉に熱心に耳を傾けている。だが、その指は膝の上に置かれた聖書の別のページに挟まれ、パウロの話が終わり次第、自分の主張を述べるつもりであることを伺わせる。こうしてレンブラントは時間が続いていくことを表現している。

光の表現

この絵における光と陰の対比は、オランダの巨匠レンブラントの最もカラヴァッジョ的な部分である。レンブラントがこの技法を用いたのはものの形を明確にするため、そしてそれぞれの人物の個性を表すためだった。理性の光に包まれているパウロは知性と理性の人である。(当時の画家はパウロに共感していた)ペテロは頑固なまでに信念を貫き、直感的である。レンブラントが22歳の若さで2人の老人の心理をこれほど鋭く捉えて表現したのは驚くべきことである。

《議論する二人の老人》の基本情報

  • 制作者:レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名:議論する二人の老人
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部