作品概要

貴婦人たち》は、画家のアンソニー・ヴァン・ダイクによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

肖像画の名手

ヴァン・ダイクは英国王チャールズ1世とその宮廷人を独特の手法で描いた画家だった。英国の伝統的な肖像がといえば、ポーズの堅苦しい人物が常であったが、彼の手にかかるとモデルはリラックスした様子となり、しかも上品な絵となった。次世代の画家にも大きな影響を与えることとなり、それはブリテン島に留まらず欧州中に広まった。

特徴

モデルのサヴェッジ姉妹の姿勢はくつろぎながらも凛としており、キューピッドに応えて動的でもある。二人の貴婦人の服はまさに上流階級のそれー真珠と髪型と襟ぐりは当時の最新スタイルである。それでいながら決して華美でないその服装は、古典的な風合いもある。異例に思えるのは、ドロシー(黄)が当時流行のレースの襟を付けておらず、首回りがすっきりしている点である。これが画家が着座するドロシーの装いに、「時代を経ても衰えないロマンス」を込めていると言われる所以である。

《貴婦人たち》の基本情報

  • 制作者:アンソニー・ヴァン・ダイク
  • 作品名:貴婦人たち
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部