作品概要

時の音楽に合わせる踊り》は、画家のニコラ・プッサンによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

場面

のどかな田園風景の中に、富・貧困・労働・快楽の寓意である4人が、前景右の、恐らくは古代ローマのサトゥルヌスと思われる有翼の老人が奏でる調べに合わせて輪を描いて踊っている。この「時」の老神の存在は、死は決して避けることができず、お祭り騒ぎをしようと、我を忘れて酔いしれようと、いつでも我々に忍び寄ってくるということを悟らせる。

構図

画面上方には、従者に付き添われた太陽神アポロンが、永遠の象徴の輪を掲げている。左右対称の三角形の構図が、調和と安定と均衡の意味合いを添え、プッサンの豊かな古典主義を裏付けている。

《時の音楽に合わせる踊り》の基本情報

  • 制作者:ニコラ・プッサン
  • 作品名:時の音楽に合わせる踊り
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部