作品概要

大工聖ヨセフ》は、画家のジョルジュ・ド・ラ・トゥールによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

敬虔なカトリック

敬虔なローマ・カトリック教徒であったことが知られる画家は、数多くの宗教画を制作した・悔い改めるマグダラのマリアという主題、そして本作のヨセフがイエスに作業場で大工仕事を教える心温まる場面を繰り返し描いている。

画風

ラ・トゥールは宗教画を説明的な背景のない私的な空間の中に描き出している。また特に灯りの表現はユニークでカラヴァッジョが光源を外に置き、公的な印象を与えるのに対し、ラ・トゥールの絵は本作の用に光源(しばしば蝋燭)を画面内に置くことで私的な閉じた世界を感じさせます。そうした静謐と呼ぶのがぴったりの絵には画家の信仰心の篤さが表れています。

《大工聖ヨセフ》の基本情報

  • 制作者:ジョルジュ・ド・ラ・トゥール
  • 作品名:大工聖ヨセフ
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部