作品概要

国会議事堂》は、画家のクロード・モネによって描かれた作品。制作年は1900年から1901年で、シカゴ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《国会議事堂》は印象派画家クロード・モネの作品である。クロード・モネは、《ウェストミンスター宮殿》と《国会議事堂》のシリーズをロンドン滞在中の1899年から1900年の始め、そして1991年に作成した。

シリーズ内の作品はすべて、クロード・モネが窓辺またはテムズ川を見渡しているセントトマス病院のテラスから見たであろう視点から描かれている。また、作品のサイズも統一されており、おおよそ81 cm x 92 cm (32 in x 36 3/8 in)のキャンバスが使用されている。シリーズ内の作品にはこのように共通点が多くみられるが、すべて異なる時期や天候を表現している。

「国会議事堂」のシリーズを手掛ける頃には、クロード・モネはモチーフの前で即座に絵を完成させる彼の初期の習慣を断念していた。彼はフランスでイメージを精練し、その作業をやりやすくするために写真家をロンドンに送り込んだ。この行為は作品にとってはマイナスに働いたが、その件に関してクロード・モネは、作品を生み出すことが彼の仕事であり、完成作品をどのように評価するかは鑑賞者次第だと発言を残している。

作品は現在アメリカ・シカゴ美術館に所蔵されている。他の作品もフロリダのセントピーターズバーグ、ジョージア州のハイ美術館、ニュージャージー州のプリンストン大学美術館、NYのブルックリン美術館、メトロポリタン美術館、ワシントンDCのナショナル・ギャラリーなど多くがアメリカで所蔵されている。

《国会議事堂》の基本情報

  • 画家クロード・モネ
  • 作品名国会議事堂
  • 制作年1900年-1901年
  • 製作国フランス
  • 所蔵シカゴ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ81cm
  • 横幅92cm
  • 編集情報

  • 投稿日
  • 編集者