作品概要

キリストの埋葬》は、画家のミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

カラヴァッジョの代表作

本作は画家の作品の中で最も賞賛されている作品の一つで、ルーベンス・フラゴナール・セザンヌもこの絵を模写している。彼が宗教画を描くようになった時期の始まりを告げる作品でもある。徹底した自然主義、まるで映画のようにくっきりとした光の使い方、感情的な緊張が高まった瞬間に凍りついたような姿の人物たち。強烈な印象を与えるこれらの要素はどれも画家の円熟期の作品の特徴である。

対角線の構図

構図としては、この絵は強い対角線に沿って構成されている。聖母マリアの姉妹であるクレオパトラのマリアが天に差し伸べた左手から、前屈みになったマグダラのマリアの肩、ニコデマスの肘へとつながり、死せるキリストを包もうとしている布の端にたどり着く。

《キリストの埋葬》の基本情報

  • 制作者:ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ
  • 作品名:キリストの埋葬
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部