作品概要

ガートル―ド・スタインの肖像》は、画家のパブロ・ピカソによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

ピカソの才能をいち早く見抜き、早くから支援者になったアメリカ女流作家、ガートル—ド・スタインの肖像画。

この作品を特徴づけているのは、仮面のように描かれた顔だ。特にアーモンド形に描かれた目は、ルーブル美術館で見て以来関心を寄せたと言う、イベリア古代彫刻の影響を受けている。様々なものから影響を受け、それらを次の新しい表現に結び付けていく「ピカソ芸術」の原型を、この作品に見ることができると言えるだろう。

《ガートル―ド・スタインの肖像》の基本情報

  • 制作者:パブロ・ピカソ
  • 作品名:ガートル―ド・スタインの肖像
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部