作品概要

アスガートストランド通り》は、画家のエドヴァルド・ムンクによって描かれた作品。制作年は1902年から1902年で、バーゼル市立美術館に所蔵されている。

「アスガートストランド通り」はノルウェーの表現派の画家エドヴァルド・ムンクによって1902年に描かれた傑作品のひとつである。この作品のオリジナルは1895年に描かれている。現在、細部にわたって細かく模写され、原作に完璧に近い形で復元されている。

この力強い傑作品は、何年にもわたって話題に上り続けている。1人の表現派画家として、エドヴァルド・ムンクは寂しさや悲しさのメッセージを芸術を通して伝えるために自らの経験に基づいてこの絵を描いた。現在、ノルウェーのオスロから約70キロメートル離れた古い漁港村アスガートストランドは、エドヴァルド・ムンクにゆかりのある村として観光地化している。ヨットの帆が見え、古い小道の数々は人々を素敵な散歩へと導き、近づいてよく見ると多くの表札にはムンクの作品が描かれている。”ムンクカフェ”という名のカフェがあり、一息つけるようになっている。

ムンクが1897年に購入した黄土色に近い黄色の質素な家の近くに、ムンクの銅像がある。現在は”ムンク通り”と名が付いている。ムンクの家から20歩離れたところにムンクのアトリエだった小屋がある。これらの家はムンクの夏の滞在地であったが、当時は沢山の画家が滞在していた。ムンクはこの町を題材とした絵を沢山製作し、町に古くからある白い1軒の家を繰り返し描いたり「憂愁」を描いたり浜辺を描いたりした。「アスガーストランド通り」はこのような背景の中描かれた。

《アスガートストランド通り》の基本情報

  • 制作者:エドヴァルド・ムンク
  • 作品名:アスガートストランド通り
  • 制作年:1902年-1902年
  • 製作国:ノルウェー
  • 所蔵:バーゼル市立美術館 (スイス)
  • 種類:油彩
  • 高さ:88.3cm
  • 横幅:113.8cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部