作品概要

橋の少女たち》は、画家のエドヴァルド・ムンクによって描かれた作品。制作年は1899年から1899年で、ナショナルギャラリーに所蔵されている。

おそらくエドヴァルド・ムンクの他のどの作品よりも、「橋の少女たち」は幅広く正当に人気を博すのに適した作品であったと言えるだろう。ムンクはこのテーマに惹かれ、彼が年老いた19世紀の時代に、同じヴァージョンを描いてはコピーして生活の糧とした。

詩的な雰囲気にもかかわらず、「橋の少女たち」は、この作品が描かれたアスガードストランドの人達に文学的解釈でもってなされた。現在、オスロのフィヨルドのこのスポットを訪れる人々は、1世紀の時を超えて根本的に変わらない元来のコンセプト、上の方へ斜めに傾斜した道路によって引き伸ばされた桟橋、緑の点在した湾曲した海岸線、夏には緑に取り囲まれ、時にはこの絵にも描かれていて互いに成長し続け、まるで共通の葉冠を分け合うように絡まった3本の菩提樹の木の影に覆われた古い家を見ることができる。

白い木の塀に囲まれたこれらの全ての特徴はありのままの真実であり、単なる詩的な幻想ではない。これらを反映して、ムンクは橋の見えない部分に隠された小さな船舶と漁師の喜びがモチーフの平凡な装飾でいっぱいに敷き詰められた絵のように美しい小さな港に回帰した。彼はこのテーマを念入りにセレクトし、詳細に限りなく現実に近く表現した。元来の姿からフォーマルな類似へと変化させることをいとわずに、選ばれたシーンは反対に、芸術家を完璧な解決へと導いた。

ムンクはこれまでに、分離と全体の同時性を達成する彼の能力を、これほどまでに説得力をもって証明したことはかつてなかった。木は、単独でそれと分かる一方で、人工の要素-家、塀、橋-と対立関係にある芝生の部分で、自然な成長のはっきりした特徴を示している。これらの部分的な要素と全体の構成が見事な調和を生み出している。

《橋の少女たち》の基本情報

  • 制作者:エドヴァルド・ムンク
  • 作品名:橋の少女たち
  • 制作年:1899年-1899年
  • 製作国:ノルウェー
  • 所蔵:ナショナルギャラリー (ノルウェー)
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部