作品概要

浜辺のインジェー》は、画家のエドヴァルド・ムンクによって描かれた作品。制作年は1889年から1889年で、ベルゲン美術館に所蔵されている。

「浜辺のインジェー」(或いは「夏の夜」)はノルウェーの画家エドヴァルド・ムンクによって1889年にアスガードストランドという町で描かれた絵画である。インジェーとは、ムンクの1番末の妹であった。1889年の夏、ムンクはノルウェーのオスロ・フィヨルド地方に位置する海岸沿いの小さな町アスガードストランドの海辺に1軒の小さな家を借りた。そこは多くの市民にとって夏の避暑地であり、クリスティアーナ(現在のオスロ)に住むアーティストにとっても同様であった。

ムンクの友人のクリスティアン・クローグとフリッツ・トーローも同地でおち合った。この絵が完成した少し後、「夕方」というタイトルでクリスティアーナの秋の展覧会に出品されていた。その時ムンクはパリにいた。この絵の観察をしてみると、若い女性が大きな花崗岩の上で麦わら帽子を手に静かな姿勢で座っている横顔が描写されている。輝く白いドレスが、コケで覆われた石の緑色と彼女の背景に広がる海の青紫色が対照を成し、別名「北欧の夏の夜」を彷彿とさせる。

ウルリッヒ・ビショフによると、1884年の始めのインジェーが14歳の時の肖像画では彼女は黒の礼拝服を着ていて、それは19世紀の伝統的な肖像画法でもって描かれた若き日の作品なのだが、「浜辺のインジェー」では画家の重要な未来が垣間見える。彼はこの作品で寂しさ、憂愁、苦悩などの感情を表現し、のちの作品「生命のフリーズ」の中の平行と垂直の構成上の内訳を予兆している。背景のわずかな釣り用ボートと魚獲り罠が、田舎の生活スタイルをあらわにしている。ムンクは1884年の「朝」という題名の内装作品の中で、女性をベッドの端に座らせるという同じポーズをモチーフにした作品を作っている。

《浜辺のインジェー》の基本情報

  • 制作者:エドヴァルド・ムンク
  • 作品名:浜辺のインジェー
  • 制作年:1889年-1889年
  • 製作国:ノルウェー
  • 所蔵:ベルゲン美術館 (ノルウェー)
  • 種類:布に油彩
  • 高さ:126cm
  • 横幅:161cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部