作品概要

吸血鬼》は、画家のエドヴァルド・ムンクによって描かれた作品。制作年は1895年から1895年で、ムンク美術館に所蔵されている。

「吸血鬼」は1895年に制作された。当初、ムンクは作品名を「愛と苦悩」としたが、ムンクの友人である詩人スタニスワフ・プシビシェフスキ(Stanislaw Przybyszewski)が「吸血鬼」と名付けたといわれる。

作品では、真っ赤な髪の女性は男性に抱き付き、首筋にキスをしている様子が描かれている。女性の赤髪は、柔らかそうな素肌を流れるようにつたう。解釈によっては、吸血鬼である女性が男性を逃げないように抱き込みながら首筋に噛みつき、男性は苦悶の表情を浮かべているようにも見える。

しかしながら、ムンクは「男性の首筋にキスをする女性を描いた作品にすぎない」と述べている。現在、「吸血鬼」はムンク美術館(ノルウェー・オスロ)にて展示されている。また、ムンクは1893年から1895年に掛けて、同作品名にて6点を制作している。(3点はムンク美術館蔵、1点はイェーテボリ美術館、1点は個人蔵、1点は所在不明) 1895年には、木版画「吸血鬼Ⅱ」を制作している。「吸血鬼」と「吸血鬼Ⅱ」は作品の対象や構成が非常に似通っている。

《吸血鬼》の基本情報

  • 制作者:エドヴァルド・ムンク
  • 作品名:吸血鬼
  • 制作年:1895年-1895年
  • 製作国:ドイツ
  • 所蔵:ムンク美術館 (ノルウェー)
  • 種類:油彩
  • 高さ:91cm
  • 横幅:109cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部