作品概要

叫び》は、画家のエドヴァルド・ムンクによって描かれた作品。制作年は1893年から1893年で、オスロ国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

日本ではムンクの名と併せて「ムンクの叫び」と呼ばれることも多い本作品は、1893年に制作された。

作品では、ムンク個人の恐怖体験を主題として、抗えない力によって消えた「個」に対する苦痛が表現されている。また、自然の厳しさに対する叫びが表現されているともいわれる。作品ではエーケベルグの丘から、オスロ・フィヨルドにある小さな島ホーベッドオィヤ島を望む景観が描かれている。空や河川の風景は、アールヌーボーの特徴とされる流動的な曲線にて描写されている。

前方の対象は柵に寄り掛かり、孤立している。「個」は消えて男性・女性の特性はなくなり、自然全体へ吸収され、同化している。主観化された自然現象により精神状態は極限に達し、人間の尊厳は破壊されたような描写である。

一方、後方の2人は歩道を歩き続けている。「個」の相違が明白に表現され、男性であると分かる。歩道や柵の描写により、作品に遠近感が生まれている。

叫んでいるのは人物ではない

本作はムンクが感じた幻覚に基づいて主題化されているとされ、彼は日記に以下のように体験を記している。

「私は2人の友人と歩道を歩いていた。太陽は沈みかけていた。突然、空が血の赤色に変わった。私は立ち止まり、酷い疲れを感じて柵に寄り掛かった。それは炎の舌と血とが青黒いフィヨルドと町並みに被さるようであった。友人は歩き続けたが、私はそこに立ち尽くしたまま不安に震え、戦っていた。そして私は、自然を貫く果てしない叫びを聴いた」

しばしば誤解されるが、日記からも分かる通り、《叫び》は本作で描かれている人物が発しているのではなく、「自然を貫く果てしない叫び」だ。本作に描かれた人物は、「自然を貫く果てしない叫び」に怖れおののいて耳を塞いでいる。

不安との類似

「叫び」と「不安」(1894年作)は非常に類似した作品である。両作品は、作品の構成、色彩、描写が非常に類似しているといわれる。「不安」のほうが薄暗い色遣いであるが、ヨハン通りの桟橋、オスロ・フィヨルドと海岸線、湾に浮かぶ2隻の舟、教会は同じである。

《叫び》ではムンク個人の恐怖体験が主題である一方、《不安》は集団が抱く絶望や不安の感情が一貫して表現されている。現在、《叫び》はオスロ国立美術館(ノルウェー・オスロ)にて展示されている。

また、ムンクは1893年から1910年の間にて、「叫び」4点を異なる構図にて制作した。ムンク美術館(ノルウェー・オスロ)に2点(1893年作パステル画、1910年作)が保管され、残り1点(1895年作パステル画)は個人所有となっている。

《叫び》の基本情報

  • 画家エドヴァルド・ムンク
  • 作品名叫び
  • 制作年1893年-1893年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵オスロ国立美術館 (ノルウェー)
  • 種類油彩
  • 高さ91cm
  • 横幅73.5cm
  • 編集情報

  • 投稿日
  • 編集者