作品概要

赤い部屋(赤のハーモニー)》は、画家のアンリ・マティスによって描かれた作品。制作年は1908年から1908年で、エルミタージュ美術館に所蔵されている。

『赤いハーモニー』は、1908年アンリ・マティスによって制作された油彩作品で、大きさは180cm×220cm、現在はロシア人美術コレクター、セルゲイ・シチューキン氏のコレクションとしてロシア・エルミタージュ美術館に所蔵されている。

本作品は、同氏の依頼で制作した装飾パネルで、モスクワの自宅のダイニングルームを飾るものだった。1908年のサロン・ドートンヌに出展後同氏に送られる予定だった。本作品は3つの過程を経ており、初めは緑の部屋で、その後シチューキン氏の要望で青色に変更され『青いハーモニー』になったが、画家が仕上がりに納得行かなかったため、最終的にはマティスが好きな赤色に塗り潰されたことで、別名『赤のハーモニー』と呼ばれるようになった。

変更の理由について、マティスは「青では十分装飾的でなかった。」と述べ、「前のままでも美しかったが、赤に変えてはるかに美しくなった。」と語った。この作品は、装飾性、絵画性、前衛性の3要素を兼ね備える。赤地に浮かぶ青い植物模様が快いリズムを生み、蔓草模様とラズベリー・レッドの壁紙とテーブルクロスが、壁とテーブルの境を曖昧にして3次元空間を消失させ、部屋全体を1つのフラットな赤い空間にした装飾性の高いキャンバスになっている。

蔓草模様は、画家が愛蔵した織物に由来する。卓上の静物的なモチーフは、マティスが傾倒していたセザンヌの影響が明白だ。窓から見える赤と対照的な緑の庭、青い空、果物の入ったボールを動かそうとする女性の存在などが鑑賞者の視線を誘導し、絵画的な奥行きを持たせている。さらに赤、黒、青、オレンジ、紫という原色系の華やかで大胆なフォービスム的色彩効果が画面を盛り立てる。描かれた風景はパリにあるマティスのアトリエで、窓から望む風景は修道院の庭だ。

奥行きを感じさせない平面的な画面構成であるため、その景色は窓の外の風景なのか、額縁に収まった別の絵の一部なのか判然としない。またテーブルや果物のレイアウトをするメイドは、色や構図を思索中のマティス自身を表現している。

《赤い部屋(赤のハーモニー)》の基本情報

  • 制作者:アンリ・マティス
  • 作品名:赤い部屋(赤のハーモニー)
  • 制作年:1908年-1908年
  • 製作国:フランス
  • 所蔵:エルミタージュ美術館 (ロシア)
  • 種類:カンヴァス、油彩
  • 高さ:180cm
  • 横幅:220cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部