作品概要

カプチン派修道士の姿をしたティトゥス》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は1660年から1660年で、レークス美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「修道士としてのティトゥス」または「カプチン派修道士の姿をしたレンブラントの息子ティトゥス」は1660年にオランダの画家レンブラントによってカンヴァスに描かれた油絵である。そこには、カプチン・フランシスコ派修道士の姿をした画家の実の息子の姿が描かれている。

ティトゥスは、レンブラントの最初の妻サスキア・ファン・アイレンドルフとの間に生まれた4人の子供のうちで唯一長く生きた子供である。長男ロンベルトゥスは生後2ヶ月、長女・次女(2人とも同名)コルネリアは1ヶ月の命だった。次男ティトゥスは1641年に生まれて洗礼を受け、無事成人して父の絵のモデルを精力的に務めた。ティトゥスが僅か8ヶ月だった時に妻サスキアは亡くなり、アムステルダム市内の旧教会に埋葬された。

その後幼いティトゥスの乳母としてレンブラントが雇い入れた北部出身で農家の未亡人ヘールトへ(ヘールチェ)とレンブラントは恋仲になったが泥沼化を経て破局し、新たなレンブラントの家政婦ヘンドリッキエ・ストッフェルドホテル・ヤーヘルが愛人として登場した。ヘンドリッキエとティトゥスは、長いスパンでレンブラントをバックアップした。

画家のモデルを務めたり、画業としての事業を立ち上げレンブラントを雇う形にして彼の生活を支えるなど、巨匠の手となり足となり彼の生活を支援した。この作品が出来た頃のレンブラントは、最盛期ほどではないが絵画制作の依頼はあり、画家としての評価は依然として高かった時代にある。

《カプチン派修道士の姿をしたティトゥス》の基本情報

  • 画家レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名カプチン派修道士の姿をしたティトゥス
  • 制作年1660年-1660年
  • 製作国不明
  • 所蔵レークス美術館 (オランダ)
  • 種類カンヴァスに油絵
  • 高さ79.5cm
  • 横幅67.5cm
  • 編集情報

  • 投稿日
  • 編集者