作品概要

屠殺された牛》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は1655年から1655年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「屠殺された牛」は、暗い部屋に吊り下げられた死んだ牛を描いたレンブラントの作品である。殺された動物という明らかに普通ではない主題 – しかし16世紀から17世紀にかけてのオランダではごくありふれた主題であった。この絵から我々は、我々全員に待ち受けている死を連想してしまう。道徳的意義として、「メメント・モリ」(人はいつか死ぬという事を忘れてはならないという意味のラテン語)を鑑賞者に伝える意図があると考えられる。

背景に女中がいて、死んだ牛が見世物のような感覚を受ける。道徳的な内容はさておき、レンブラントはここで正確な描写に力を入れている。レンブラントは実物を熱心に観察し、厚塗り油に転写し、引き付ける魅力と嫌悪感の相乗効果を出している。あまり彩色が豊かでない点と、やや荒っぽく露骨なタッチから経済的貧窮の要素がはっきりと浮かび上がる。しかしながら自由な絵の具使いと茶色がかった色使いはレンブラントの特徴である。

レンブラントはこの作品を売りに出すまでの間自身で保管していた。もう1枚この絵とそっくりな絵がスコットランドのケルヴィングローブ美術館に展示されている。こちらは同じく吊り下げられた牛の死骸に加えてその角と皮は板の上に横たわり、後方で女性が床を掃除している場面が描かれた作品である。絵の下方にレンブラントのサインが入っているが、レンブラントが構成を設計し、弟子が絵のほとんどの部分を描きサインもした可能性が高い。

《屠殺された牛》の基本情報

  • 画家レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名屠殺された牛
  • 制作年1655年-1655年
  • 製作国不明
  • 所蔵ルーヴル美術館
  • 種類パネルに油絵
  • 高さ95.5cm
  • 横幅69cm
  • 編集情報

  • 投稿日
  • 編集者