作品概要

アイザックの犠牲》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は1635年から1635年で、エルミタージュ美術館に所蔵されている。

「創世記」の中で、神はアブラハムの信仰心を試し給うた。カトリックの人々のようにプロテスタントの人々はこの犠牲を、人類を救うキリストの重要な予示とみなした。この絵はレンブラントとカラヴァージュによって彼らの芸術的革命が行われた時期とほぼ平行する時期に描かれた珍しい主題の作品である。とても大きなサイズの絵で、これは傑作品だとみなされた。

イタリア芸術の影響が見てとれる。確立された具象派の(物の形をかたどった)伝統にのっとって、画家は物語の中の決定的瞬間を描いた。アブラハムが手を伸ばしまさに息子アイザックを殺そうと試みた瞬間、天使が空へ導く代わりにア ラハムの腕を強引につかむ形で介入している。アイザックという人物において、レンブラントは彼の最初のキャリアにおいて最も崇高な裸体を描くことに成功している。

人物画、特に顔の表現に秀でているレンブラントがここで はイザックの顔をアブラハムの手によって隠して描くことを選んだのは驚くべきことである。おそらく、これから起ころうとしている恐ろしい出来事に対する恐怖を包み隠そうとする意図があったのではないだろうか。すんでの所で息子の喉を搔き切る所の決定的瞬間を躍動感豊かに表現しきっている。この作品はロシアのエルミタージュ美術館に保管されている。 1636年頃に描かれたセカンドヴァージョンも存在しており、そちらはドイツ・ミュンヘンのアルテ・ピナコテック美術館に保管されている。

《アイザックの犠牲》の基本情報

  • 制作者:レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名:アイザックの犠牲
  • 制作年:1635年-1635年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:エルミタージュ美術館
  • 種類:油絵
  • 高さ:193cm
  • 横幅:132cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部